いびきの原因は疲れ!?根本的に改善するためには?

女性の睡眠

このサイトを見ているという方は少なからずいびきを友人、パートナーに指摘された事のある方が多いのではないのでしょうか?

ここではいびきの事を理解するためにいろいろ説明していきたいと思います。

いびきの仕組み

いびきは睡眠時に喉が締まり狭くなったところを空気が通る時に喉を振動させてでる音の事です。

睡眠時には体の力が抜け筋肉が緩みます。

緩んだことにより喉にある軟口蓋や舌根が下がり上気道という空気の通り道を狭くしてしまいます。狭くなったところを空気が通り、道を塞いでいるものを振動させることにより発生する音がいびきの正体です。

いびきの種類

いびきにはざっくり三種類あります。

  • 単純性いびき症
  • 上気道抵抗症候群
  • 睡眠時無呼吸症候群

の三種類あります。

単純性いびき症

飲酒、ストレス、疲れ等が原因で引き起こされるいびきです。普段からいびきをかかない人が一時的になるものなので大きな病気の心配はほぼなく原因を解消すれば症状は治まります。

上気道抵抗症候群(軽度な睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時に呼吸の乱れ(無呼吸、低呼吸)はないが普段からいびきをかいている状態。

睡眠時に上気道が狭くなり強いで呼吸が必要になってしまいます。

本来体を休めるための睡眠時にしっかりと休めていないため目を覚ました時に倦怠感や疲れが残ったり、日中に眠気に襲われることもあります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は日常的にいびきをかいている人がほとんどで、事故や病気につながるケースも多いです。

  • しばらくいびきが止まった後に強い音と共にいびきが再開する
  • 睡眠時にずっといびきをかいている
  • 仰向けに寝るといびきがひどくなる
  • いびきが一定ではない

これらの症状が見られる場合は睡眠時無呼吸症

候群の可能性があるため注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に無呼吸、低呼吸状態の時間が出てくるため体が低酸素状態となります。睡眠が途切れ途切れになってしまい、眠り自体も浅く睡眠の質が非常に悪くなってしまいます。そのため日中に眠気を感じることが多くなり、結果として事故につながってしまうということもあります。

また放置しておくと様々な生活習慣病を合併してしまう可能性もあるため適切な対処をしていきましょう。

いびきをかきやすい人はどんな人?

いびきをかくひとには何かしらの原因があり、原因にも先天性のものや後天的な理由もいろいろあります。

次のような方はいびきをかきやすい人となり、注意が必要です。

  • 顎が小さい
  • 鼻づまりがある
  • 扁桃腺が大きい
  • 太っている
  • お酒を飲んでいる

などなどいろいろな原因があります。

先天性の原因としては顎が小さい、咽頭(のどちんこ)が大きい、扁桃腺が大きい等があります。顎が小さいは気づけるかもしれませんが、扁桃腺が大きい、咽頭が大きい等、先天性の原因の場合自分自身で原因を突き止めるのはなかなか難しいのも先天性の特徴です。

太っている、ストレスが溜まっている、飲酒をした、疲れが溜まっているなど自分自身で原因を感じやすいのが後天的原因の特徴です。

いびきを軽減するために

上記で説明しているようにいびきの原因は人それぞれあります。

原因を明確にして原因にあった対策をしっかりとしていく事が大切です。

原因が太っている方の場合は痩せることがいびきを軽減する最大の近道になります。痩せることにより気道周りの脂肪が減少し結果、空気の通り道が拡がりいびきが減少します。

先天性の原因である顎が小さい、扁桃腺が大きい、咽頭(のどちんこ)が大きい等の原因の場合は手術等になる場合があるので気軽には行えないケースが多いですがマウスピースやサポーターをするなどして対応することもできます。

飲酒自体はストレス発散にもつながるので一概にダメとは思いません。飲みすぎてしまったりすると筋肉を弛緩させてしまい、いびきの原因となってしまいますのでほどほどにしておくことがいびき対策としては効果的です。

ストレスを溜めてしまうこともいびきの原因となるので適度な量を楽しみ上手に付き合っていくほうがよいでしょう。

まとめ

いびきは老若男女だれにでも出る可能性のあるものであり、男性の場合大して気にしていない人も多いと思います。

いびきは単純に家族の睡眠を妨害するので自分ためだけではなく家族のためにもいびきをなくす努力をしていきましょう。

いびきを放置しておくと睡眠を十分な時間とっていても体がしっかりと休めていない状態で日中活動しなければなりません。そのため疲れが取れない、日中に強い眠気を感じる、集中力の低下などよくない症状が出てきます。

日中に強い眠気が出てくると、作業している時や車の運転時などに出てきて非常に危険です。作業中や眠気を感じることにより、作業中のミスや事故の原因となり自分はもちろん、周りの人も不幸にしてしまいます。

そうならないためにもいびきを少しでもいびきを無くす努力をしていきましょう。

上記したようにいびきの原因は様々なので、いろいろ試して自分の原因にあった自分の治療法を見つけていきましょう。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。